バカだと生きられないが
なまじ賢くても生きづらい

経済はイマイチなのに、コンプラやらなんやら社会全体の意識は高くなり、
個人としても企業経営においても、世知辛い世の中です。
どうしたもんですかね。

世知辛いの「世知(せち)」は、もともと仏教用語。
世俗の知恵、すなわち処世術や計算高さを意味します。
経営者やコンサルタントが使っているノウハウこそが世知。
世知辛い世の中とは、それらが通用しなくなった状態ということです。

もう、学校で学べるような
中等半端な賢さでは
生き残れない

その証拠に、
最近の成功している経営者やデキるビジネスマンは
サイコパスばかり。
目的達成のために他人のことなど考えもしない、
ある種のバカしか勝ち抜けない時代です。

孫悟空の頭には、「緊箍児(きんこじ)」と呼ばれる
輪がかぶせられています。
三蔵法師が呪文を唱えると締め付けるあれです。
人間は誰しも、頭の中に緊箍児を持っています。
本能がむき出しだと社会生活ができないので、 セーブしているのです

サルのまま、つまり本能むき出しのバカは、 行動力がバツグンだが生きられない。
しかし、考えすぎても頭が締め付けられて苦しく、 結果として行動できず、
人の心に影響を与えることもできない。

IHCは、人のサルの部分にフォーカスする
意識低い系コンサルティングファームです

意識高い系の頭でっかち人間が増えすぎた現在、
無駄に高まった意識をあえて低めにコントロールすることで、
人智を超えたモンキーマジックを生み出します。

 

書店の新書コーナーでひっそり販売中

『ちょいバカ戦略 ―意識低い系マーケティングのすすめ―』 (新潮社)

主席コンサルタント

小口覺(おぐちさとる)

1969年兵庫県生まれ。明治大学法学部卒業。雑誌、Webメディア、単行本の企画・執筆などを手がけるライターコラムニスト。自慢できる家電を表す「ドヤ家電」(日経MH発表の「2016年上記ヒット商品番付」前頭に選定)を生み出す。近年は意識低い系マーケティングをテーマに企業取材を重ねる。著書に「ちょいバカ戦略:意識低い系マーケティングのすすめ」(新潮社刊)など。

お問い合わせ